学校生活の様子

ペットボトルキャップの回収、協力感謝!【厚生委員会】

 皆さんが日々何気なく分別してくれているペットボトルキャップがどうなっているかご存じですか?
今回は、NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」をとおして、途上国の子どもたちにワクチンを贈り、子どもたちの未来を守る活動に役立てられます。ペットボトルキャップで救われる命があります。

 今年は96㎏集まりました。来年は「分別が誰かの命を救う」ということを意識して、より多くのワクチンを届けたいですね。

 

ナラティブ・プレゼンテーション参加!【1学年】

 令和2年12月13日(日)、けんしん郡山文化センターにおいて、本校1年生の博多菜月さんが福島県環境創造センター主催のナラティブ・プレゼンテーションに参加し、「不安と自信と風評被害」と題して発表を行いました。

 博多さんは約半年間、プレゼンテーションの方法論を学ぶとともに地域住民との触れ合いを通して、今後の福島県の復興がどうあるべきなのかを考えるナラティブ・スコラという活動に取り組み、その集大成として発表に臨みました。

 将来に対する不安を払拭するために自分の好きなことに前向きに取り組み、自信を持つこと、そうした一人ひとりの行動と情報の発信を通して福島県の復興を盛り上げていこうという内容を大勢の観客がいる中で堂々と発表しており、福島県で生きていく今後の未来を前向きに捉えていました。

 今後の学校生活を通して、さらなる成長を期待しています。

歳末たすけあい募金活動 【福祉教養系列】

 12月21日(月)「歳末たすけあい募金」を小野町社会福祉協議会様へ届けて来ました。

  生徒・職員一同、自分が住んでいる町、自分が通っている町、お世話になっている町をお互いに助け合いたい気持ちで募金しました。役立ててもらえると嬉しいです。

 

 

 

ミニ読書会開催【図書部】

12月16日(水)に図書室にてミニ読書会を行いました。

 

今回は、2年3組図書委員、秋元涼さん、草野一磨さん、郡司大嵩さんによる

ペープサート「ニャーゴ小野高校2年3組バージョン」、

図書委員の大久保愛実さん、有賀希乃花さん、有志の上遠野みらいさん、博多菜月さんによる

人形劇「あおむし君のゆめ」、

2年2組図書委員、千葉友紀野さん、舟川瑛翔さんによる

テーブルシアター「ぐりとぐら」の3本立てで上演しました。

演者の皆さんからは、「昨日から上演するのが楽しみでした。」や「緊張したけれど、うまくできてよかった。」

等の感想がありました。練習の成果が出ていました!

また、見てくれた人たちからは「息があっていてよかった」や、「次回を楽しみにしている」等、

うれしい言葉をいただきました!

見に来ていただいた皆様、どうもありがとうございました。

また、クリスマスが近いので、カードづくりやささやかなプレゼントの配布なども行いました。

また、来年もお楽しみに!

こまち荘で実習を行いました!【福祉教養系列】

 福祉教養系列では社会福祉施設現場実習を行っています。実際に社会福祉施設で行っている業務を体験し、職員の方や利用者の方々からたくさんのことを学習します。

 今回は、3年生の福祉科目選択者が「特別養護老人ホーム こまち荘」で2日間実習してきました。

  

  

 2日間という短い期間でしたが、目標をもって実習に臨み、振り返りを行うことで今後の自分たちの課題を見つけてきました。残り少なくなった高校生活ですが、まだまだ成長していきます!

 

私たちの実習のまとめを行いました!

リモートで交流会を行いました!【八重山農林高校交流研修】

 12月3日(木)放課後、八重山農林高校の生徒会の皆さんと「リモート交流会」を行いました。

 小野町の支援により、例年、生徒が石垣市へ訪問し八重山農林高校の皆さんと交流を重ねてきましたが、今年度の訪問交流はコロナ禍により残念ながら中止となってしまいました。

 しかし、今年度訪問予定だった10名の生徒がリモートシステムを活用し、交流会を行いました。交流会は親交を深める、復興をPRする、6次化商品を共同開発していくことを目的として行っています。

 本日は第1回目の交流ということで緊張していましたが、開始後はすぐに親しくなり生徒同士で交流を進めていました。八重山農林高校の生徒会の皆さんと、自己紹介、互いの学校生活や日常生活に質問、6次化商品の提案を行い、約1時間、あっという間に過ぎていきました。次回は12月17日(木)に再会することを約束して終了しました。

 

 

 

 今後は2週間に一度のペースで交流を重ね、1月22日(金)に全体交流会を行う予定です。

レクリエーション初挑戦! 【福祉教養系列】

 11月19日(木)福祉教養系列の2年生が介護施設の職員の方を講師にお招きし、高齢者福祉施設でのレクリエーションを想定した事前演習を行いました。 

<内容>

 1 歌

    ・幸せなら手をたたこう

    ・大きな栗の木の下で

 2 50音ビンゴ

     曲は「高校三年生」などを流しました

 3 ペットボトルボーリング

 

 

 

 

  

◇歌では「幸せなら手をたたこう」と「大きな栗の木の下で」を歌い、体を動かしました。

◇50音ビンゴは、普通のビンゴのやり方にビンゴシートの数字が50音になっているものを加え、工夫してみました。

◇ペットボトルボーリングでは、ボーリングのピンをペットボトルにし、ボールは新聞紙を丸めたものを使用して利用者の方が使いやすいようにしました。

◇利用者役の方から「初めてにしては、良かった。」「楽しかった」などの嬉しい言葉をいただくことができました。

<感想>

 今回、コロナ禍の影響により高齢者福祉施設での実習はできませんでしたが、施設職員の方をお招きし、レクリエーションについて考えることができました。

 初めてレクリエーションを計画、実施してみて大変なところもありましたが、5人で協働し試行錯誤して仕上げることが良かったと感じました。この経験を将来に生かし、『明るく、優しい介護福祉士』になりたいと思いました。

                                          福祉教養系列 2年

シクラメン販売会ご来校ありがとうございました【産業技術系列】

 11月20日(金)シクラメン販売会を行いました。多数の皆様にご来校いただき感謝申し上げます。新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にもご協力いただきありがとうございました。

 産業技術系列の生徒が、ていねいに手入れを続けてきたシクラメンの花がきれいに咲き誇りました。農業クラブ秋山君の御礼のあいさつと販売開始宣言で開始されました。

 また、ビジネス系列の生徒がプライスカードの作成、当日の会計・接客を担当し、日ごろの学習を活かすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

学年別大会優勝!県強化指定選手二次選考会へ【弓道部】

 11月15日(日)いわき市弓道場で開催されたいわき地区学年別大会に参加しました。

その結果、男子団体において優勝、1学年個人の部で石井湧也君が優勝

     女子団体において準優勝、2学年個人の部で佐久間瑠唯さんが優勝を果たしました。

  

 

  

 

 また、11月21日(土)に福島県強化指定選手一次選考会が開催され、本校から推薦された選手から3名が一次選考を通過し、二次選考会へ臨むこととなりました!