学校生活の様子

JA直売所「秋の収穫祭」販売会に参加しました!

 10月24日(土)JA農産物直売所 ふぁせるたむら にて行われた「秋の収穫祭」に参加させていただきました。

 店内では、本校家庭クラブが「小野活気あげバーガー」を実演販売、店頭では沖縄県立八重山農林高校と小野高校が共同開発した「黒糖米粉マドレーヌ」、小野町と小野高校で共同開発した「ミネラルトマトうどん」、「一笑漬ドレッシング」の6次化商品、本校農業クラブが産業技術系列の授業で生産した「シクラメン」「ひとめぼれ」を販売しました。

 ディスプレイは、ビジネス情報系列(商業科)の授業で生徒が作成したプライスカード、文理総合系列(英語科)の授業で生徒が作成したPOPカードでお客様にPRしました。

 

 

 家庭クラブのメンバーは、来週10月31日(土)に東京・浅草で開催される「うまいもん甲子園 全国決勝大会」に向けて、毎日放課後遅くまで練習しています。今日の販売会は、地域の皆様の応援に感謝の気持ちを込めて作ったバーガーを召し上がっていただくことが主な目的でしたが、「テレビや新聞で見たよ」「頑張ってね」「美味しかったよ」「このアイデアはいいね」などお客様の生の声を聞くことができ、激励され大会に向けて弾みとなる販売会になりました。

 

 

 

生徒会・八重山交流メンバーは笑顔でお客様と接していました。

 

 

 

農業クラブの生徒は、自分たちが真心こめて育てた商品を一生懸命説明していました。

 

 

 ビジネス系列「広告と販売促進」(商業科)の授業で作成したプライスカードと文理総合系列(英語科)で作成したPOPカードでお客様に分かりやすい陳列になるよう努めました。商品に関する質問などお客様の生の声を聞いて改善点に気づくことができ、次回につながる「学び」を得ることができました。

 

 

 マイクスピーカーで店内のお客様にPRしています。沖縄県立八重山農林高校の皆さんに製造していただいた商品「黒糖米粉マドレーヌ」をPR。5個、10個とまとめ買いをしていただくお客様も。あっという間に売り切れました。

 

令和2年度PTA会員研修【PTA行事】

 10月21日(水)、PTA会員11名が参加し、研修を行ってきました。

今年度は、相双地区「東日本大震災・原子力災害伝承館」と「ふたば未来学園高等学校」の見学をしてきました。

 

出発前に、朝の登校時に合わせて「一声あいさつ運動」を行いました。

 午前中は双葉町に今月オープンしたばかりの「東日本大震災・原子力災害伝承館」を見学しました。

東日本大震災の複合災害から今日までの歩みを、誰にでも分かるように時系列に展示されており、当たり前の日常を見つめ直す良い機会となりました。

 

 午後は広野町にある「ふたば未来学園高等学校」を見学しました。

 はじめに教頭先生から学校概況をお聞きした後、1年生の「産業社会と人間」の授業を参観させていただきました。課題研究発表会に向けて、生徒一人ひとりが課題に向き合い真剣に準備している様子が印象的でした。

 

 

 

 また、双葉郡内の休校している5校が集約している学校ということもあり、充実した設備や整った環境に驚きました。最後に地域協働スペースにあるカフェで休憩をし、充実した時間を過ごすことができました。

 

 

ヘアドネーションに参加してみませんか? 【福祉教養系列】

 10月16日(金)、「ヘアドネーション謹呈・感謝状贈呈」が行われました。

 3年生の2名が今年度の「総合的な学習の時間」の福祉分野の授業で、「ヘアドネーション」についての研究を始めました。私達は校内に掲示されていたヘアドネーションのポスターを見て、髪を提供することで誰かのために役に立てると知りました。ヘアドネーションについてもっと多くの人に知ってもらい、髪を切ろうとしている人にただ切るのではなく、「ヘアドネーションに参加してみませんか?」と提案したいと考えました。

 今後も探究的な学習活動を通して、地域の病院で医療用ウィッグを必要としている子どもたちが少しでも笑顔になってもらえたら嬉しいです。

「あなたとわたし」わくわく体験交流事業 【福祉教養系列】

 9月27日(土)、本校から9名の生徒が自らの意思でボランティア活動に参加しました。今回は、臨床美術『どぐうをつくろう』という体験活動に参加し、地域の子どもたちとその保護者の方々との交流の機会をいただき、充実した時間となりました。

〈参加した生徒たちからの感想〉

・土偶作りでは、他の子たちのアイディアが凄いと思いました!私もイメージ通りの土偶を作ることができました。先生にも褒められてとても嬉しかったです。(1年生 Tさん)

・土偶の中に石を入れることの意味などを知るなど、新しい学びを得ることができました。(2年生Kさん)

・最初は自分の作品作りで精一杯でしたが、周りを見渡したら凄い作品が出来上がっていたので、自分の作品作りに生かすことができました。(3年生 Nさん)

  講師の先生はじめ、地域の方々、役場の方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

シクラメン順調です!!【産業技術系列】

 土作りから始まったシクラメンが、今年も順調に生育しています。実習での水管理や温度調節、葉ぐみなど生徒達が丹精込めて手入れを行っています。

 販売は11月下旬からの予定としています。改めてWebページにてご連絡いたしますので、ぜひお越しください。

 なお、本校温室へお越しの際はマスク・手指の消毒、3密を避けるなど、新型コロナウイルス対策にご協力ください。

  

 

 

前期終業式・後期始業式

 10月1日(木)前期終業式および後期始業式を行いました。新生徒会役員の任命式、各種大会の賞状伝達式を行いました。

 式終了後に、薬物乱用防止教室を行いました。田村警察署署員をお招きし講話いただきました。「危険薬物」は他人事ではなく身近に迫る危険であることを知ること、一生を台無しにしてしまう恐ろしいものであることを学ぶことができました。

 

 

 

 

小野町探究学習を行いました。【2年総合的な探究の時間】

9月29日(火)5・6校時 2年次総合的な探究の時間「地域理解学習」特別授業を行いました。

 前回の探究の時間では、沖縄県八重山農林高校の山城校長先生の講話より「沖縄県の現状と課題」を知り、文化や気候の違い、風習の違いに気づくことができました。

 今回は学校の所在地、地元「小野町」の現状を知り、その課題解決に向けて7つのテーマに分かれて生徒たちが探究学習に取り組みます。

今回は、「小野町地域おこし協力隊」の方にご協力いただき、紹介いただいた地元の大学教授経験者、小野町観光協会長、伝統芸能保存会会長、農業活性化に取り組まれている生産者、建設会社経営者の方にご講話いただきました。

A 食文化 元郡山女子大学准教授 先崎和子氏

 

 

D 歴史・戦争 株式会社高橋建設 高橋宗彦氏

 

 

E 言語 奥羽大学 講師 本多真史氏

 

F 芸能・音楽 大倉獅子舞保存会会長 先﨑文男氏  副会長 大楽登氏

 

 

G 気候・風土 生産組合ペルサルーテ組合長 吉田政美氏

全体会 教頭先生のお話

 

 

最後に各分科会の報告会を行いました。

家庭クラブ最優秀賞!【県南地区研究発表大会】

 9月24日(木)に行われた福島県高等学校県南地区家庭クラブ連盟 研究発表大会 兼 福島県高等学校総合文化祭 家庭専門部 において本校家庭クラブが2部門で最優秀賞をいただくことができました。

 ホームプロジェクトの部 最優秀賞「CEの愛犬のために日常生活を改善してみた」我妻祐花

 学校家庭クラブの部   最優秀賞「地域とむすぶ結カフェ」